田平天主堂

田平教会今日は、国指定重要文化財であり、
長崎の教会群とキリスト教関連遺産として世界遺産暫定リストにも登録されている、
田平天主堂へ行ってきました。

赤煉瓦が印象的なこの教会堂は
屋根は瓦屋根、壁はレンガと板張りの木造。

和と洋のテイストが上手く調和したその意匠は
なんだかやはり長崎文化の象徴のように感じられます。

その煉瓦の堅く美しい印象の中に味わいというか温かみを感じるのは、
それが信徒による手作業で建設され、
また周りの石段や石垣などが時間の流れのままに残っているということが関係しているのかもしれません。

現在の建築物にはなかなか感じることが出来ない
人の手を感じる建物でした。

ただ、
この日もミサが執り行われていましたが、
教会はただの観光スポットではありませんので、
見学される際にはくれぐれも節度をもった行動を。

田平教会2